HIV感染は早めに検査することが大切です!

2019年11月22日
病原体

HIV感染した可能性がある場合は、早めに検査をすることが大切です。エイズの原因となるウイルスで、HIVに感染しているかどうかを調べることが目的になります。体内でHIVウイルスが増加し、そのあとにそれに対する抗体が産生されていきます。一般の検査では、血液中のウイルスに対する抗体があるかどうかを調べる抗体検査がポピュラーです。早い時期から発見するためには、ウイルスが増殖し始めた時点で、ウイルス遺伝子を調べるNAT検査で、タンパク質を調べる抗原検査もあります。抗体や抗原が同時に測定できる方法もありますが、最近は薬を飲むことで免疫力を回復させることも可能です。感染前と同様の生活を送ることができる、陽性患者も増えています。感染すると数週間の間にウイルスが体内で増えて、血液中に現れるのが特徴です。その後2から3週間ぐらいで抗体ができ始めるので、抗体ができるまでは12週以上経ってから検査をすることが推奨されます。12週未満であればまだ抗体ができていないので、検査をしても結果が出ません。

結果が陰性である場合は、感染していないことを示していますが12週未満で結果が陽性になるまでの期間には個人差があり、後から陽性になることもあります。機会から2ヶ月未満であれば陽性であるとは限らず、陰性であることを確認するために再度受けることが望ましいです。性病になっていることを知らずにウイルスが増えること自体を放置していると、免疫力が低下しHIVを発症させるきっかけになります。様々な思い病気や性病をさらに引き起こす可能性も高くなります。ガンが発症すれば障害を残すリスクも高くなりますし、かかっていない人に比べるとそのリスクは高くなっています。自分の状態に気がつかないままでいれば、望まない場所でパートナーなどに移してしまう可能性も高くなります。即日検査もありますが、2ヶ月未満にならないように気をつけ、1ヶ月未満で受けることができます。12週間以上待たなくても良いのがメリットで、体の中にあるウイルス量をコントロールしていくことに注視します。1ヶ月未満でも即日検査であれば可能なので、10日以内に結果をもらうこともできます。結果をすぐに知りたい場合は、スクリーニングの結果知ることができます。保健所や医療機関で行なっていて、陰性であれば問題は解決されます。しかし要請が出た時は再診隣、12週以上経ってもう一度行います。NAT検査はウイルスの遺伝子を10万倍以上にして行う方法で、10日以内に血中に遺伝子が現れることを利用しています。

関連記事
おりものの色で性病かどうかが分かる! 2020年05月29日

おりものは子宮内膜や子宮頸部・膣から出てくる酸性の分泌液のことで、本来は膣内部の潤いをキープしながら粘膜を守ります。そして、バイキンなどが内部に侵入してくることを防ぎ、女性の体を守ることが目的です。排卵期にはゼリー状となり受精しやすくする役割があり、女性としてはなくてはならないものになります。さらに

2020年05月29日
カンジダは生理がくると治る?ウソ?ホント? 2020年04月21日

カンジダの原因になる菌は、カンジダアルビカンスと呼ばれるものが多く、その次にカンジダグラビナータがあります。女性に起こりやすいカンジダは日和見菌感染症の一種で、健康な時には大人しくしている菌が、体の免疫力が落ちた途端活発に働き出すことを言います。体力を消耗してしまった時に、病気を引き起こす可能性があ

2020年04月21日
なぜカンジダは疲労で感染しやすくなるの? 2020年03月17日

カンジダ菌は体に疲労が蓄積し、免疫力が上がった時に感染しやすくなると言われています。しかし、健康な女性であれば本来持っている常在菌が、カンジダで疲れやストレスなど抵抗力が弱った時に発症するものです。女性であれば人生で一度は起こりうる可能性がある疾患で、再発しやすい疾患として向き合っている人が多いです

2020年03月17日
カンジダは性行為がなくても感染するって知っていますか? 2020年02月06日

カンジダは性行為がなくても発症する疾患で、疲れが溜まった時・風邪をひいた時やストレスを感じている時になりやすいです。抗生物質などを使用していて、膣内の最近殺してしまうことによる菌交代現象と呼ばれています。膣内の酸性度が低下しやすい妊娠期や、不潔な状態で行われる性行為・他の性感染症と併発する可能性もあ

2020年02月06日
クラミジアは性行為感染が多い?治療薬も紹介! 2019年12月10日

クラミジアは性行為によって感染することが多く、性感染症の原因で半数を占めるというポピュラーなものです。特に性行為が盛んである10から20代の発症が多いことで知られていて、社会的な問題にも発展しつつあります。無症状であることが多く、症状があったとしても軽い場合が多く早く発見することが難しくなっています

2019年12月10日
クラミジア結膜炎で失明の危険性も!? 2020年01月12日

クラミジア結膜炎は、クラミジア・トラコマチスという微生物がハエなどを媒介し、健常な目に感染して起こす結膜炎の一種です。これはなんども繰り返し感染することで、失明に至る可能性もあるので、失明に至るトラコーマとも呼ばれることがあります。特に衛生的に問題がある地域で発生していることがわかっていて、世界保健

2020年01月12日
咽頭クラミジアって?症状や治療方法を教えます 2019年12月27日

クラミジアトラコマティスは、クラミジアの一つで多くの場合性行為によって粘膜に感染します。口の中にクラミジア菌が感染することで、咽頭クラミジアになる傾向があります。特に咽頭は性感染症の温床となりつつあり、クラミジアや淋病・ヘルペスや梅毒などの病気である可能性もあるので、専門医に確認してもらうことも必要

2019年12月27日
男性の性病検査にはどんな方法がある? 2019年11月07日

男性の性病検査では尿検査から、視診や自宅で行う検査キット・血液検査などの内容があります。男性の性病検査で多いものとして、尿検査があり最も多い自覚症状は、尿道から膿や分泌物・かゆみや違和感などがあることです。これは尿道炎の一般的な症状で、男子全尿道炎があります。この中で3割を占めているのは淋病性尿道炎

2019年11月07日
男性が感染しやすい性病の潜伏期間はどのくらい? 2019年10月24日

潜伏期間は潜伏期とも呼ばれていて、病原体に感染して体の表面に症状が出るまでの数日かかり、その期間や症状を持つようになるまでのことです。それぞれ病原体の種類により異なりますが、男性がかかりやすいトリコモナスや、雑菌性尿道炎やクラミジア、淋病などの性病でも潜伏期間が存在しています。トリコモナスはトリコモ

2019年10月24日